Top >  各地の木の橋 >  新しい木の橋

新しい木の橋

同じ木の橋でも、昔ながらの木の橋だけではなく、
新しく作られた昔ながら風の木の橋や現代的な木の橋が増えています。


(1)新川に架かる木橋群 その1 (東京都江戸川区、新川)
東京都江戸川区の新川は親水河川化の事業が進められています。
その一環として歩行者用に新しく4つの木の橋が架けられました。

なお、橋の名称は不明のため、
その1~4として西側から順にご紹介していきます。

1つ目の橋は西水門橋の東側、水色の歩道橋のすぐ隣にあります。
唯一、橋脚のあるタイプで、
サイドには京都の渡月橋のように、
袴というかミニスカートのようなカバーが取り付けられています。

shinkawa-group1.png

 

(2)新川に架かる木橋群 その2 (東京都江戸川区、新川)
2つ目の橋は船堀街道の宇喜田橋のすぐ西側にあります。
4つの中で一番新しい橋で、訪れた2009年9月には新品の状態でした。
外観は神社などにある柱が丸く上に烏帽子のような金属製の部品が付けられています。

shinkawa-group2.png

 

(3)新川に架かる木橋群 その3 (東京都江戸川区、新川)
3つ目の橋は新渡橋の西側にあります。
両岸のスロープ部を含めて欄干など大部分が黒く塗られ、他の橋とは印象が異なります。
なお、上の2つは橋以外の部分がシンプルですが、
この橋と次の橋は石垣などにも凝っています。

shinkawa-group3.png

 

(4)新川に架かる木橋群 その4 (東京都江戸川区、新川)
4つ目の橋は新渡橋と三角橋の間にあります。
他の橋と違う構造で、横から見ると欄干が低く見えます。
しかし、横木を渡した上にスリット状の普通の欄干を乗せて2段になっているため、
高さは特に低いという訳ではありません。
なお、両岸には木製の灯篭が置かれ、江戸時代っぽい雰囲気を出しています。

shinkawa-group4.png

 

(5)巾着田のあいあい橋 (埼玉県日高市、高麗川)
彼岸花(曼珠沙華)で有名な巾着田に架かる歩行者専用の橋です。
木造のトラス構造の橋としては日本でも最長クラスだそうで、
西武秩父線高麗駅から徒歩約20分の場所にあります。 aiaibashi.png

 <  前の記事 屋根付きの木の橋  |  トップページ  |  次の記事 矢掛町の流れ橋  >